得点圏にランナーを置いた場面で4番が3三振では勝てない

5/3オリックス戦

先発野上は、初回に四球のランナーを溜めたあとにホームランを打たれて3失点。さらに、4回には2アウトからの連打で2失点。勝てる投手のピッチングとは程遠い内容でした。

ライオンズは9回裏に1点差まで追い上げましたが、結局7-6でオリックスに敗れてしまいました。

4番中村が5打数1安打3三振でした。特に3三振は、いずれもランナーを得点圏に置いた場面です。

今シーズンは、「一本が出ていれば」という言葉をよく耳にします。しかし、一本が出ていないからこのような試合を続けているわけです。

点を取る方法は、タイムリーヒットだけではありません。犠牲フライ、内野ゴロ、スクイズ、相手のバッテリーエラーなどいくらでもチャンスはあります。

一本が出ないのであれば、一本が出ないなりに得点を奪う策を講じなければ、いつまでたってもこのままの試合展開が続くでしょう。

佐藤勇

この試合でもKOされた野上を受けて佐藤が登板しました。

4イニングを投げ、小谷野にホームランを浴びて2点を失ったものの、ナイスピッチングと言っていいのではないでしょうか。

ワイルドピッチ2つは修正していかなければいけませんが、先発陣がふがいない投球を続けている状態では、今シーズン中にも先発のチャンスが回ってきそうな感じです。

南川とともに、佐藤は今年の飛躍が楽しみです。

さて、明日は、菊池雄星の登板です。大型連休に合わせた大型連敗だけは避けてほしいところです。

コメント

  1. 空条たろう より:

    はじめまして!

    最後は、心臓が縮まる思いでした。
    西武戦の終盤は、いつもこういう展開です。
    最後まで、気が抜けません。

    お互いに最下位同士。
    問題が多いですが、
    なんとかパ・リーグを盛り上げたいですね。

    • Mr.H より:

      コメントありがとうございます。
      お互いふがいない試合が多いですが、ソフトバンクを倒してなんとか上位進出してほしいですね。

Mr.H にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。