バンヘッケンは今後どうなるのか?

4/10のロッテ戦で先発したバンヘッケン

先発したバンヘッケンは、1回こそロッテ打線を無失点に抑えたものの、2回,3回に立て続けに失点してしまいました。

そして、5回まで投げたところで4失点で降板となりました。

投球数は、95球を数えました。

田辺監督も指摘しているように、バンヘッケンは球数が多すぎなのです。

球数が多い原因は、制球が定まっていない、決め球がないことにあります。

せっかく追い込んでも、変化球が決まらず、ストレートをファウルされ、ボールカウントを悪くする場面がこの試合でも何度も見られました。

これまでのバンヘッケン

制球が悪くて、四球を多く出すのはオープン戦から見られた課題でした。

公式戦が始まってからこれまでに、3度先発をしていますが、いずれの試合でも3回までに失点しています。

そして、失点をした後に、ようやく三者凡退で抑えるイニングが現れます。

失点しなければ開き直ることができないのか、最初から危機感が薄いのか・・・

今のところは、バンヘッケンを先発から外すという監督、コーチの発言はありませんが、毎回同じ過ちの繰り返しでは、近い将来、先発投手から外されることも目に浮かびます。昨年のルブランの二の舞です。

高いお金で獲得した新外国人という大人の事情もあって、今のところは先発投手を任されているバンヘッケンですが、残されたチャンスは少ないとみるべきでしょう。

次の登板は、最初の登板でやられたオリックスが相手です。どうなることやら、心配で心配で仕方がありません。

コメント

  1. 春野の親父 より:

    私はバンヘッケンに期待できないと思っています。
    ブンブン振り回す韓国ではボールになるフォークボールを振ってくれますが、ストレートの球速が140km程度では日本の打者はフォークを振ってくれません。
    球数も多くなり、ストライクを取りに行ったまっすぐを痛打されるでしょう。
    第二のルブランをよくもまあ、獲ったものだとあきれています。

    • Mr.H より:

      いつもコメントありがとうございます。
      第二のルブランではありますが、取ってしまったものはしょうがないですね。
      まだ数試合は登板することになると思うので、登板する試合では応援したいと思います。
      間違って活躍してくれることを祈ります・・・

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。