3/30 第5戦 西武-ソフトバンク 1点差まで追い上げるも及ばず、ソフトバンクに敗れる

ライオンズの5戦目

ソフトバンクホークスとの2連戦の2戦目です。

ライオンズは、常にソフトバンクに先行される展開で、1点及ばずソフトバンクに4-5で敗れてしまいました。

スコア

ヤフオクドーム ソフトバンク1勝1敗

1 2 3 4 5 6 7 8 9
埼玉西武 0 0 0 1 0 0 3 0 0 4
ソフトバンク 1 0 0 3 0 1 0 0 × 5

勝利投手:千賀
セーブ:サファテ
敗戦投手:野上
(埼玉西武)野上、岡本洋、牧田-炭谷
(ソフトバンク)千賀、バリオス、サファテ-高谷、鶴岡

ダイジェスト

先発の野上は、初回に柳田の一発を浴び、ソフトバンクに先制を許す。

一度は同点になるが、同点になった直後の4回裏に、野上がソフトバンクに勝ち越し点を許す。常にソフトバンクに先行を許す苦しい試合展開である。代わった岡本洋も打たれ、4点差に広げられる。

1点に抑えられていたライオンズは7回、下位打線からチャンスを作り3点を返し千賀をマウンドから引きずり下ろす。

しかし反撃もここまで。1点差を追いつくことができず、ソフトバンクとの2連戦は1勝1敗で終えた。

試合の詳細

先発ローテーション最後に登場するのは野上である。

野上が初回に失点をした後、ライオンズは4回にようやくチャンスを迎える。打撃好調の中村、浅村の連打で1, 3塁と攻め、今シーズン初スタメン起用の森友哉がセンター前タイムリーヒットを放ち同点とする。さらなるチャンスに坂田のセンターに抜けるかというゴロは本多のファインプレーに阻まれ、ここは同点止まり。

同点に追いついてもらった野上であったが、そのあとすぐに3連打を浴びてソフトバンクに勝ち越しを許す。勝ち越し点を許した後は、外崎のエラーで満塁のピンチを招いてしまう。この場面に野上は抑えることができず、押し出し四球と犠牲フライでさらに失点を重ねた。

結局、野上は5回途中4失点で降板。続く岡本洋も6回に1点を与えてさらにソフトバンクにリードを許す。

4点をリードされたライオンズの反撃は7回、森、炭谷、坂田の連打でノーアウト満塁のチャンスを作る。このチャンスに代打上本が犠牲フライで1点を返す。さらに続く秋山のセカンドゴロの間に1点、ソフトバンク千賀のボークで1点を追加し、1点差に詰め寄る。しかし、栗山、メヒアが倒れ、追いつくことができない。

9回にソフトバンクの守護神サファテからチャンスを作る。炭谷のヒットから、坂田の代打熊代がバントを決めてワンアウト2塁。しかし、1点を奪えずゲームセット。

試合を終えて・・・

野上は、味方が点を取った後にすぐに点を取られる。去年から変わっていない。ピリッとしないピッチングであった。4回はエラーで気落ちしたのかもしれないが、エラーをカバーして1失点で切り抜けてほしかった。

外崎が大事なところでエラーをしてしまう。4回に1点を勝ち越された後、ゲッツーでチェンジとなるはずのショートゴロをはじき、エラーでピンチを広げてしまう。球を拾い直して落ち着いてセカンドに送球すれば1つはアウトになったはずであるが、まだまだ経験が必要である。

山川が2軍落ちして、スタメン起用となった森が3安打1打点と活躍する。オープン戦の成績からどうなることかと思われたが、今年も森友哉は健在である。

ここまでの試合は、リードされても粘り強く追い上げるライオンズである。今後は、確実に1点を取れる野球を目指せ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。