3/26 第2戦 オリックス-西武 牧田のロングリリーフが逆転勝利を呼び込み開幕2連勝!

ライオンズの開幕カード2戦目

開幕戦をサヨナラゲームを制したライオンズの2戦目もオリックスバファローズが相手となりました。

長い試合になりましたが、バファローズの中継ぎ陣を打ち崩し、9-5でライオンズが開幕戦に続き逆転でバファローズを破りました。

スコア

西武プリンスドーム 埼玉西武2勝

1 2 3 4 5 6 7 8 9
オリックス 5 0 0 0 0 0 0 0 0 5
埼玉西武 0 0 1 4 2 2 0 0 × 9

勝利投手:牧田
敗戦投手:小松
(オリックス)近藤、赤間、小松、岸田、塚原、大山-伊藤
(西武)十亀、牧田-炭谷

ダイジェスト

初回の攻防は対照的。ライオンズ十亀が連打で大量5点を失うが、バファローズ近藤は連打で背負ったピンチを無失点で切り抜ける。初回を終わって5-0と一方的な試合展開が予想された。

しかし、大量ビハインドのライオンズは3回に1点、4回に4点を返して同点に追いつく。そして5回、中村のタイムリーでついに試合をひっくり返す。さらに、6回にも2点を追加する。

初回に5点を奪われたライオンズであったが、バファローズからもらった8つの四死球と5つのエラーで見事な逆転勝利を収めた。

試合の詳細

先発の十亀は、立ち上がりにいきなり3連打を浴びて1点を失う。さらに、内野ゴロと2本の長打で追加点を奪われ、初回に合計5失点の苦しい展開。ストレートが130km台後半でシュート回転、さらにコントロールもアバウトで打たれて当然のような立ち上がりであった。

初回から毎回ランナーを出していたライオンズは、3回のチャンスに坂田のタイムリーヒットでようやく1点を返す。続く4回もヒットと四球でチャンスを作り、秋山のタイムリーツーベースとメヒアの犠牲フライで2点を返す。さらに満塁から坂田が四球を選び押し出しで1点差に詰め寄る。続く山川は、ショートへゴロでチェンジかと思われたが、中島の送球をセカンド西野が落球するエラーで4回に同点に追いつく。

続く5回、秋山のヒットからメヒアの四球でチャンスを作り、4番おかわりの今季初ヒットが勝ち越しのタイムリーヒットとなり逆転に成功する。浅村も続き、さらに1点を追加する。さらに6回、2つの四球でもらったチャンスで栗山が2点タイムリーヒットを放つ。3回から6回まで毎回の9得点を奪った。

4回から十亀を継いだ牧田は、6イニングを無失点に抑えるナイスピッチングでゲームセット。ライオンズが開幕2連勝を飾った。

試合を終えて・・・

十亀は、初登板の緊張のためであろうか、コントロールが非常に悪かった。次回の登板に期待したい。

一方、ロングリリーフの牧田は、登板した4回こそピンチを背負うものの、それ以外のイニングは安定したピッチング。今日の勝利は牧田のロングリリーフのおかげと言っても過言ではない。今後もロングリリーフの場面では便利屋牧田であろう。ヒーローインタビューでは、「任されたところでやるだけ、チームの勝利に貢献できればいい」と・・・かっこいいぜ、牧田!

打撃陣は、秋山が猛打賞、栗山、浅村が2安打と当たっている。開幕戦ノーヒットだった坂田も初ヒットを打ち、これから打ちまくってほしい。一方、山川が未だにノーヒット。早く一本出てほしい。

地味に活躍しているのが、外崎である。1安打2四球で1番秋山につなぐいい働きである。まだまだ2戦が終わっただけであるが、この調子でがんばれ!

明日は、同じくオリックスバファローズ相手に新外国人バンヘッケンが登板予定です。

明日も勝って開幕3連勝だ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。