守備のミスで点を失う苦しい展開も秋山の大活躍で逆転勝利を収める

5月25日 日本ハム戦

3連勝中のライオンズは、大宮公園野球場で日本ハムとの対戦。

ライオンズの先発は十亀。レアードに1発を浴びて先制されたものの、中村のタイムリーで同点。しかし、その直後の4回に浅村のエラーから崩れて3点を勝ち越された。さらに、6回には中村のエラーのランナーを還され、結局十亀は6回途中を5失点でマウンドを降りた。

6回を終わった時点で2エラーが絡む失点で5-2、さらには雨模様で敗色濃厚の展開。

しかし、打線ががんばり、秋山の同点ホームランから浅村の打ち直し逆転タイムリー、さらには秋山の2点タイムリーヒットでダメを押して、日本ハムに逆転勝ちを収めた。

ライオンズは4連勝で貯金を今季最大の7とした。

守備のミスを取り返す浅村の逆転打

逆転できたのはラッキーだった。

秋山の同点ホームランの後、1塁に源田をおいて打席は浅村。

ピッチャー谷元が投げた1球目を打つが、レフトフライ。しかし、谷元はボークを取られて、ランナーは2塁へ。そして、アウトになったはずの浅村は打ち直し。

そして打ち直し後の初球、浅村の打球は左中間を抜けた。

打ち直しになった浅村は、一度死んだ身であるため、思い切っていけただろう。初球から振りに来るだけでなく、さらに思い切りいける場面で、日本ハムバッテリーの選択はストライクゾーンへのボール。あまりにも不用意な投球であったと言えよう。

ただ、不用意な投球だったとはいえ、その球を逃さずミスショットをしなかった浅村を褒めたい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。