7/26 散発3安打5併殺で3点差ながらも内容的には惨敗

7月26日 日本ハム戦

ライオンズの先発はエース岸。何としても勝ちたいゲームであったが、結果はコツコツと点を挙げたファイターズに対してライオンズは1-4で敗れた。

ライオンズは、ランナーを出してもことごとく併殺でチャンスをつぶし、奪った得点は1点のみ。3回ノーアウト1,3塁から得点を奪えなかったのが非常に痛かった。

その3回、ノーアウト1,3塁から9番永江が倒れた後、1番栗山の当たりはファーストゴロ。ファースト中田がベースを踏み2塁に転送。セカンドに走った1塁ランナー炭谷は2塁の前でタッチアウト。

中田が1塁ベースを踏んだ時点でフォースプレーではなくなる。そうすると、1塁ランナー炭谷は3塁ランナー金子が本塁を踏む時間を稼いでいれば、チェンジにはなるものの1点を奪えていたのである。

2塁にバカ正直に走った炭谷の走塁ミスと言っても過言ではプレーである。結果ヒットになったが、炭谷はこの回の打席で送りバントを失敗しており、1イニングで2つのミスを犯してしまったのである。

さらに、5回には2盗した金子が炭谷のセンターフライに対して帰塁できずダブルプレー。今度は金子の走塁ミスである。

いくら守備の名手であっても、守備のミスは往々にして起きてしまうものであるが、走塁のミスは防げるものである。

記録に残らないミスでライオンズの惨敗となった試合であった。

コメント

  1. 匿名 より:

    炭谷選手の走塁ですが、ゴロ,GOの判断で、ファーストがベースタッチして2塁に送球するかどうかは判断できないと思います。
    ライナー、確認しますがゴロの場合は打った時点でスタートしますから、問題ないと思います。結果的に、走りながら後ろを向いて止まることもできるでしょうが、エラーなどで、2塁封殺になった場合の方がいけないことではないでしょうか?

    • Mr.H より:

      コメントありがとうございます。
      私個人の意見としては、炭谷選手はファーストがベースタッチするか確認すべきであったと思います。田辺監督も試合後に炭谷選手が狭殺で粘ってくれればとコメントしていることを考慮しても、走塁の判断としては当然のことであると思われます。
      狭殺で粘れば1点が入るケースだっただけに、非常に問題のあるプレーではないでしょうか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。